未分類

仮装通貨用語集

もみあい

相場がある範囲内で上下を繰り返して上昇するか下降するか全く見当が付かない状態の事を言います。いわゆる方向性に欠けるという表現がよく使われていると思います。

 

逆三尊

  • ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトムともいわれます。これは1回目と3回目の安値を肩(ショルダー)といい、2回目の高値を頭(ヘッド)という意味となります。
  • 3つの谷と2つの山で構成されますが、この2つの山を結んだ線を「ネックライン」といいます。株価がこれを上抜いた場合、より上昇基調が強くなります。ネックラインを上抜いてから株価が反落することもありますが、その場合の下値のメドはネックラインまでとなります。(これをリターンムーブやあや戻しと言います)。過去の高値(ネックライン)が、今後の安値メドになってしまうのです。
  • 出来高は1回目の安値をつけた箇所が一番多くなり、2回目の安値、3回目の安値と、徐々に出来高が減少していくことが多く、これにより精度を高めることが可能です。

長期的な上昇相場に入る可能性も高く、今後の値動きに注目していくべきでしょう。

引用 http://chartnavi.com/lesson/id/_9/

 

三尊

利確

ドテン空売り

ドテンショート空売り

セリクラ

リバ

LC

レバレッジ

空売りショート

買いロング

ロング

レジスタンス

ロングの仕込み

レジスタンス

テクニカル発生

フィボナッチ数

ショートポイントからエントリー

ロングのロスカット

逆指値

ロング玉

レンジ

三尊を構築してロ下抜け

スイングトレード

カット

ロスカット

双方レバレッジ

最終セリクラ待ち

マーケットメイカー

 

ハメ込む

 

ファンダメンタルズ

 

LC

 

含み損

硬いレンジ

 

トレンドライン

フィボナッチライン

レジスタンスライン

 

トレーディングビュー

ローソク足

 

トレンドライン

右肩下りの逆三尊 否定

三尊のエッジ

三尊否定で短期上目線

フィボ重要ライン

三尊天井形成

子三尊形成

1分足

 

 

 

 

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !